Natural Design Houseの
7つの強みは
こちらの7つです。

1 優れたデザイン

私たちNatural Design Houseは「愛知の暮らしをデザインする」を企業コンセプトに素材・性能・品質・プランニングにこだわり、デザインと健康と暮らしやすさを同時に叶える家づくりをテーマに日々邁進しております。

機能面の充実や耐久性の向上だけでは「本当に良い家」だとは言えません。心地良く暮らしていくためには、美しさにもこだわるべき。住む人に寄り添ったデザインを取り入れることで、こんなにも楽しく、彩り豊かな生活になる。「デザインの良さ」は「住みやすさ」。求める住みやすさは、その美しさの中にあります。

必ず叶う、理想のデザイン住宅。

機能美を追求した高い設計力。「デザイン」という言葉には、「機能面においても優れている」という意味が含まれています。その土地の特徴を把握し、光や風の入り方、道路からの家の見え方までを緻密に計算して設計。見た目の美しさだけに偏ることなく、断熱性や気密性等の快適さ、生活動線や空間構成といった利便性も踏まえ、本当の意味でデザイン性の高い、そして住み心地の良い家をご提案致します。

2 快適な空間

空気の入れ替えが行われない部屋に長時間いることは人の身体にとって好ましくありません。呼吸により酸素を取り込み、二酸化炭素を排出する他、水蒸気・熱・体臭等が絶えず放出されます。それによって室内環境は刻々と汚れていきます。
また、家具や建材に含まれるホルムアルデヒド・アセトアルデヒド・トルエン等の有害物質は人体に悪影響を及ぼすシックハウス症候群の原因物質として知られています。
さらに、排泄・喫煙・調理・食事等の行為も、空気環境を汚染させる要因となっています。
私たちは、優れた換気性能を持つ24時間換気システムを採用し、空気を入れ替えることで住む人の室内環境を快適に保ちます。室内と外の空気を入れ替える換気システムで、住む人にとって快適な空間を作り出します。

3 高いコストパフォーマンス

高い価格で「良いモノ」「良いサービス」なのは当たり前です。逆に「安いだけ」の商品も、魅力がありません。人は皆、少しでも「お買い得な商品」を求めています。私たちは、コストパフォーマンスについて考え抜きました。そして、建築業界の固定概念、既成概念をすべて捨て去り、合理化を徹底的に追求しました。ただ「価格の安さ」だけで勝負するつもりはありません。Natural Design Houseが追求するのは、「価格以上の価値をどこまで高められるか」です。その探究心は、どこにも負けません。お客様のご予算でどこまでパフォーマンスを高められるか、是非挑戦したい。

コスト意識を持ってこだわりポイントを押さえた、具体的なプランをご提案。

お客様のご要望を聞いて、そのまま実行するだけでは、積み上げ式にどんどんコストの掛かるプランになってしまいます。Natural Design Houseでは、こだわりのポイントをしっかり押さえながら創意工夫し、それぞれのお客様のご予算に合わせた具体的なプランをご提案致します。

100%自社設計・自社施工により無駄な中間マージンをカット

Natural Design Houseの家づくりは、家の各部位ごとに大工さんや職人さんらと共に施工し、一元管理をする直接責任施工を行っています。大手住宅メーカーのような下請け・孫請け工務店へ丸投げする一括発注システムを排除し、実際に施工する職人さんへの個別発注とメーカーから直接資材供給を受けることにより、徹底したコスト削減と品質管理を行っています。また、設計事務所のような外部委託施工・設計管理による二重管理の無駄など、経費や中間マージンを徹底して排除することにより、コストパフォーマンスに優れる家づくりを実現しています。

4 パッシブデザイン

Natural Design Houseでは、「心地良く住まう」住宅を建築するために、パッシブデザインを大事にしています。パッシブデザインとは、機械的な手法に頼らずに、自然のチカラを活かした設計で、建物の温熱環境を整える手法です。パッシブデザインを取り入れるために、3つの要素を考えた設計を大切にしています。

① 光・風・熱の移動を考えた設計

設計をする際には、土地環境を考慮し、光・風・熱の出入りを考えた間取りと外観を設計していきます。例えば、狭小地や変形地、密集地でもあっても、できる限り光を取り入れる工夫をしています。風であれば、風の入りと抜けを考えた窓配置や向き、通風を考えた間取り設計等、心地良い暮らしが送れるように配慮しています。また、冬には日が入り、夏には熱の侵入を防ぐように、当たり前の設計に工夫を重ねています。

② 断熱気密への配慮

住宅における「窓」の存在は大きなものです。光・風・熱は、窓によってコントロールされる部分が少なくありません。Natural Design Houseでは、アルミ樹脂複合サッシを標準仕様としており、基本性能の高い家づくりを目指しています。また、断熱材の熱抵抗値性能にもこだわり、高い断熱性能と気密性能により、住まう方が一年中心地良い暮らしを送れるように配慮しております。

③ 太陽光の活用

太陽光のチカラを最大限活用するように、集熱・熱移動・蓄熱・排熱を考えた設計、屋根仕様を日々研究しています。夏涼しく、冬暖かい暮らしを送れるよう、熱エネルギーの取り込み・排出に配慮した家づくりをしています。また、お客様のご要望によっては、太陽光パネルやZEH対応住宅にもお応えできる体制を整えております。

5 肌に触れる部分は極力自然素材

無垢の床材や、塗り壁等、お客様のご要望をお聞きしながら自然素材を取り入れた設計を行っております。呼吸することで空間を心地良く保ち、自然素材が湿度や温度を調整してくれます。

近年建設される住宅は、気密性や断熱性ばかりを高めて快適さを追及する一方、シックハウス等健康への悪影響が問題となっています。
その最大の原因は、建材や内装材、家具等から放出される化学物質。家族を守るはずの家が、子どもたちの病気の原因になることも…
自然素材の家は、こうした有害物質から家族の健康を守る家です。
木材は、厳選した本物の”無垢材”を使用。
無垢材とは、「純粋無垢」という言葉の通り、「自然そのもの」の木材のこと。
「集成材」が木板を接着剤で張り合わせてブロック状にした木材であるのに対し、「無垢材」は丸太から切り出したままの自然な状態の木材です。
座ったり寝転んだり、小さい子供が触れる場所だからこそ、接着剤等化学物質を含む素材は一切使用せず、肌ざわりも良く心地良い、自然そのままの状態の木材を使用します。

夏涼しく、冬暖かい暮らしを実現するために、お客様のご予算・ご要望に合わせて自然素材のご提案をさせて頂きます。

6 環境・家計にも優しい

住まいの省エネルギー性を配慮し、サッシや断熱材等は一定の性能を確保したものを使用しています。これにより、環境にも家庭にもやさしい家づくりを実現しています。
私たちは、世界トップレベルの技術と品質の断熱材、アイシネンを採用しています。アイシネンはフロンガスを全く使わない断熱材として1987年にカナダで誕生しました。現在35ヵ国以上で採用されています。

アイシネンの特長
空気をほとんど通しません。

繊維系の多くの断熱材は繊維の間を空気が透過してしまいますが、アイシネンの空気透過量は米国のASTM基準を下回る数値。台風並みの負圧をかけても空気を通しません。空気中に含まれる大量の水蒸気は対流や圧力差によって空気の移動と共に動きますが、そこに温度差が生じると結露やカビが発生する可能性が高くなります。アイシネンは家全体を包み込むように覆い、空気移動による内部結露を軽減し、アレルギーの原因となるカビやダニの発生を抑制します。

空気の透過を示す実験。左からセルロース、アイシネン、グラスウール

剥離、脱落の心配がありません。

アイシネンは柔軟性が高く、地震等で躯体が動いても構造体に追従して動き、剥離や脱落することがありません。発泡ウレタンが躯体から剥離するとそこに断熱欠損が生じ、熱が逃げてしまいますが柔らかい発泡ウレタンほどその可能性は低くなります。アイシネンはきめ細やかな表面で、指で軽く押し潰すことができるほど柔らかな発泡ウレタンです。

水をほとんど通しません。

一般的に住宅で使われている発泡ウレタンは基本的に水を吸いやすい性質がありますが、アイシネンの吸水率は5%以下のためほとんど水を吸いません。他社のウレタンと同じ試験で比較するとその吸水率は10倍以上の差があります。発泡ウレタンが吸水すると大きく変形を起こし、性能も損なわれてしまいます。アイシネンはその画期的な技術がもたらした独自の構造を持ち、ほとんど水を吸いません。万が一、躯体に雨水が侵入してもそれによってカビが生じる心配はありません。

試験開始から96時間後に水中から取り出したアイシネン(上)、水を吸収して大きく変形収縮したフォーム(下)

隙間をつくりません。

アイシネンは2つの液を混合させることによって瞬時に約100倍に膨らみ、わずかな隙間にも入り込んで漏気を防ぎます。繊維系の断熱材ではダクトや配管、コンセントボックス廻り等、隙間なく完全に設置することは困難ですが、アイシネンはそういった隙間を埋めることで熱エネルギーの損失を防ぎ、光熱費を抑えることができます。夏は涼しく冬暖かい快適な環境を維持します。

サッシはYKKのエピソードを採用しています。アルミと樹脂の複合構造で、高い断熱クオリティを持ちます。アルミと熱伝導率の低い樹脂形材を組み合わせたアルミ樹脂複合構造。上下枠にはアルミに断熱樹脂を挟み、より効果的にハイレベルな断熱性能を実現しています。室内の快適さを守り、住まいの省エネ性を高めます。
また、高断熱樹脂複合構造のため熱が伝わりにくく、ガラス面のほか、枠等に発生する不快な結露を抑えます。カビ・ダニの発生を予防にもなります。室内気温と窓や壁との温度差や、室内の水蒸気により結露は発生します。湿った窓際にカビが生えて、アレルギーを引き起こす恐れもあります。
エピソードは、優れた断熱効果で外気温の影響を受けにくくし、結露の発生を抑制します。

エアコン効率を高めて、暖冷房費&CO2を削減。

優れた断熱性能で暖房時の熱の流出、冷房時の熱の侵入を抑制し、暖冷房の効率を高めます。電気の使用量を減らすことで暖冷房費やCO2排出量を大幅に低減します。

エコロジーに対する意識が高まり、家の窓も“環境への配慮”が問われる時代になりました。
このエピソードは、環境性能とデザイン性の両方を兼ね備え、窓の室内側に断熱性・防露性に優れた『樹脂』のメリットをプラスした複合構造の高断熱窓です。

7 充実したアフターメンテナンス&保証

家は、長期にわたって安心できて、和める場所であるべきです。そしてその空間を永続的に保つためには、定期的なメンテナンスや確実な保証が必要です。お客様がお住まいになってからの安心感を高めるために、高い水準のメンテナンスシステムと保証制度をご用意しました。家は「建てたら終わり」ではありません。アフターメンテナンスを通じて、お客様との「つながり」、そして「絆」を末永く深めていきたいと考えています。

また、住宅の性能を維持するためには、「メンテナンス」が欠かせません。10年、20年といった時期ごとに住まいを点検し、破損した部分を修理することで、いつまでも美しい姿を保つことができます。
とはいえ、点検すべき箇所は極めて多く、場所によって適切なメンテナンス時期も違います。何もメンテナンスの準備をせずに家を建ててしまったのでは、「いざ点検」という段階になって「どこから手をつけたらいいのかわからず大変」なんていう事態に陥ってしまうことも考えられます。

Natural Design Houseでは、構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備については、清掃・点検・修繕・更新等の維持管理更新が容易に行えるように配慮し、メンテナンスしやすい家づくりも実現しています。