住宅選びで失敗しないポイント

ポイントその1 あらゆる特徴の住宅会社を調べる

住宅会社の数が多すぎて、どこに頼めば良いかわからない!家を建てることのできる業者数は、おおよそ人口1,000人あたり1社あります。仮に人口100万人だと、業者数は1,000社あるということです。そして、住宅会社には様々な業態があり、それぞれ違った特徴があります。ハウスメーカー的な住宅会社、FCに加盟している住宅会社、大工中心の工務店…さらに設計重視、コスト重視、自然素材重視、職人の質を重視している、等々…ですから迷って当然です。同じ業態、同じ特徴を比較検討し、正しい判断をして下さい。

ポイントその2 住宅展示場を見て決めない。

実際の家を見て決めるのに、何が問題なのでしょうか?それは、住宅展示場は、規模が大きく豪華過ぎることです。その家が良いかどうか、価値あるものかどうか、素人には判断しにくいことです。そして、住宅展示場で使われる家は見せるようにつくってあり、デメリットを説明しないので正しい判断ができないのです。

ポイントその3 見積もりをたくさん取らない。

見積もりは複数取った方が良いように思いますが、なぜ良くないのでしょうか?それは、同じものでないと比較ができず、正しい判断ができないからです。家に使う材料やグレードが同じものを比較しないと、良し悪しの判断はできません。また、見積り金額が正しいかどうかはプロでないとわからない。いや、プロでもわからないかもしれません。さらに、それが本当に価値あるものかどうかの判断もできません。しかし、知識と経験があれば、見積りをたくさん取るメリットはあります。最終、3社くらいに絞った方が良いでしょう。もちろん、あなたの希望する家づくりができる住宅会社であることが前提です。

ポイントその4 自社施工である。

家づくりは長い付き合いになるので、強い責任感のある一貫施工体制の住宅会社を選ぶことです。住宅会社の中には、受注した仕事を下請けに丸投げし、自社では一切施工しないところもあります。さらに、現場管理の行き届いた住宅会社を選ぶ。とくに、注文住宅で家づくりをするときには、現場監督の管理が必要不可欠です。現場管理の出来が、その家の出来に直結します。中には、ほとんど現場監督が現場に行かない住宅会社もあります。特に規格住宅を販売している住宅会社に多いです。管理やメンテナンス等を含めて、責任を持って仕事をしてくれる住宅会社を選んで下さい。

ポイントその5 聞き取り能力がある。

聞き取り能力は、最初の面談で判断できます。業者側が話す割合が2割くらいで、あなたが8割くらい。これだと良いコミュニケーションが取れ、要望もよく聞いてくれます。また、上手な質問をしてくれるところを選びましょう。例えば、
1 「居間は何畳位欲しいですか?」
2 「居間でどのように過ごしたいですか?」
どちらの質問が良いですか?
1の質問では、生活スタイルは伝わりません。しかし、2の質問だと、生活の話になります。生活スタイルを聞けば、ふさわしい広さや仕様、使い方もわかるでしょう。普段の生活について質問ができる住宅会社を選んで下さい。もしそうでないなら、家に合わせた生活スタイルになるでしょう。