冬の節電

こんばんは。
Natural Design House
加藤 千滉です。

12月に入りさらに寒くなりましたね。
私は寒さに耐えきれず、
カイロを使ったり、
足が冷えない靴下を履き、
部屋では一時的にストーブを
使い過ごしています。

この冬、7年ぶりに
全国区規模で節電協力が
呼びかけられています。

節電要請の背景として
老朽化火力発電所の廃止や、
地震の影響、
コロナでの社会経済構造の変化、
ウクライナ情勢などあります。

ガス、電力なども値上げされ、
去年と比べ高いことに驚いている方も
いると思います。

私たちが家庭でできる節電方法として、
厚着をし、お腹を冷やさない、
首、足首、腰を温める、
ホットカーペット、こたつ、
カイロ、湯たんぽを使用し、
電気代などを抑える、
加湿器を使用し、
湿度を上げ体感温度をあげる、
エアコンと一緒にサーキュレーターや
扇風機を使用し、
上にたまっている暖かい空気を循環させる、
エアコンの風量を「弱運転」ではなく
「自動運転」にし消費電力を抑える、
向きを調節、古いものの買い替えを検討、
エアコンの使い方などを考え直す
などあります。

エアコンのみならず、
使用している家電の
定期的な掃除も効果的です。

Natural Design Houseでは、
夏は涼しく、冬は暖かい、
快適な生活ができるよう
務めていきます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!