• HOME>
  • 自然素材で建てるフルオーダーハウス

自然素材で建てるフルオーダーハウス

大工さんと左官屋さんが作る自然素材の家。

素足に気持ちいいカラ松のい床。 丸太梁が見える開放感あふれる吹き抜け。 手塗りならではの表現を見せる壁と天井。 ただそこに寝そべるだけで、木や土の呼吸を感じ開放感とやすらぎを感じる家。 本物の癒しを求める皆さまのために、自然素材を使ったフルオーダーハウスを実現します。

自然素材の家づくり

日本は、先進国の中でも特に、化学物質過敏症やシックハウス症候群で悩んでいる人たちが非常に多い国です。これらは、住環境で肌に触れる部分から出ている化学物質が原因になっていますが、実際に病気に悩まされている人たちには、とても切実な問題です。

大量生産の家づくりの問題

大手ハウスメーカーのほとんどはプレハブ住宅と言われる工業化住宅です。
ハウスメーカーは自社工場を持ち、自動車や電化製品を組み立てるように、大量生産した部資材で住宅を製造しているため、結果として大幅なコストダウンができます。

「自然素材は高い」って本当?

大量生産の石油化学製品を使った家は、コストが安いと書きました。
では、自然素材を使うと、住宅は高くつくのでしょうか?
ハウスメーカーなど、大量生産によるコストダウンで、自社のお給料などを穴埋めしなければならない会社は、「自然素材は高い」と口をそろえて言います。

ニセモノの自然素材

雑誌などで、自然素材の良さが宣伝されるにつれて、例えば無垢材を使用したフローリングを採用する住宅会社が増えてきました。
ところが、この無垢のフローリングに、ウレタン塗料を塗っている会社も多く見られます。
ウレタン塗料自体は、国が定めた基準のF☆☆☆☆をクリアしたものがほとんどなので、大抵の人には影響が少ないと考えられています。厚い塗膜が無垢材をコーティングしますから、傷つきにくくなるという理由で採用しているようです。

珪藻土という自然素材

珪藻土という自然素材も、だいぶ一般的になってきました。
近頃はホームセンターなどでも、多くの珪藻土が売られていますが、その珪藻土の成分表を見ると、『樹脂』が使われていることに気づくでしょう。

自然素材のコーナー

海外から木材を輸入する時、木材の中の外注や細菌を殺す為必ず消毒をします。
近年、食品の農薬が叫ばれていますが、室内で使う木材も直接肌に触れます。
せめて床材、壁天井材の室内に使用する無垢材だけは、無農薬の国産素材を使用したいものです。