• HOME>
  • 見積もりのカラクリ

見積もりのカラクリ

地域の工務店には住宅メーカーにない魅力があります。

見極めよう!見積もりのカラクリ

私達住宅業界には決まった価格はありません。「なぜ?」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、家は基本的に形の決まった物ではありませんし、建てる場所、環境も一軒一軒違うからです。当然仕様(中身)も、各会社により変わります。
そこで皆様がよくよくご覧になったりお聞きになったりするのが、「坪単価」と言われるものです。お客様が家を建てる時の参考価格にするのが「坪単価」ではないかと思いますが、「1坪30万円だから40坪の家は1200万円」という計算をなさった事が一度はありませんか? 別にこれが間違いだと指摘するつもりはございません。ただ、「坪単価」の中身をご理解した上で考えているのかどうかが問題なのです。

「坪単価」=「標準仕様」

「標準仕様」という言葉も、よくご覧になったりお聞きになったりするかと思います。ですが、実際に「屋根が○○で、外壁が△△で、構造が□□で、キッチンが…etc.」などと表示されていても、それが良いものか悪いものかはハッキリ言って分からない、という方も多いかと思います。
「標準仕様」とは、各会社のコンセプトに合わせたものや、得意とする商品をもとに、「坪単価」を決めるために設定しているものです。要するに「坪単価」=「標準仕様」であって、内容は※各会社によって異なるということです。「標準仕様」の内容が分からないのでは、「坪単価」を聞いても実際にそれが高いのか安いのかが分からないということです。「標準仕様」については、建材は何を使用しているのか、設備・器具等はどこまで含まれているのか、などをまず知ることが大切です。 ※例えば、照明器具、カーテンなど 例えば・・・A社では「坪10万円」、B社では「坪40万円」と言われたとします。A社で建ててみたら実際にはB社と同じ金額になってしまいました。なぜでしょう?それは車で例えると、そのまま乗れる車と「ハンドルやブレーキはオプションです」という車の違いと同じようなものです。「坪40万円」のB社では※オプションを付けることなく建てられるのです。少々極端な例えかも知れませんが、そういうことなのです。
注文住宅で家を建てる場合には、「坪単価」が高いか安いかだけで是非を判断するのではなく、しっかりと“中身”を知る事をおすすめいたします。 ※本来「オプション工事」というのは、車で例えるならカーナビや革シートのようものではないでしょうか。

「坪単価」=「標準仕様」=見積もり価格!?

実は、何でもすべて「標準仕様(坪単価)」に入っていれば安心… という訳でもありません。例えば、「標準仕様」にベランダが含まれている場合、ベランダを付ける人も付けない人も同じ価格になり、真四角の家も複雑な形の家もどちらも同じ価格ということになります。部屋数が違っても「標準仕様」により同じ価格、和室・洋間どちらを選んでも「標準仕様」により同じ価格…損をする人、得をする人がいる見積もりはおかしいと思いませんか? 本当にご納得いただける見積りとは、お客様お一人お一人のご希望にしっかり合わせたプランによる見積りではないかと思います。

文章だけではご理解し辛いかもしれません。
疑問などございましたら、些細なことでも結構ですので、ぜひお問い合わせ下さい。

お気軽にお問い合わせください。